オイスターソースをしっかり使い、チャーシューまで自作のオリジナル炒飯は旨みが効いていて、結構美味しかったの巻


今回は自作のチャーハンに挑戦します。

用意した食材は
・玉ねぎ
・ピーマン
・手作りチャーシュー
・ネギ
・卵   以上です。

チャーシュー用の肩ロースか普通のロースの固まりを用意します。
チャーハンに使うだけなので、150~200gでOK。
フライパンよく熱し、焼き目でコーティングするために全面を焼いていきます。
程よく焼けきった所でヨシダのソースを入れていき(大さじ5杯と水大さじ3杯)
煮立てていきます。

「ヨシダソース」

弱火で10分程煮、その後は火からおろしてそのまま放置し味を染み込ませます。
触っても火傷しないぐらいまで冷めたら
取り出して1cm核ぐらいに切っていきます。

これでチャーシューはOK。

玉ねぎとピーマンを細長く切っていきます。
そして切った具材をごま油を小さじ1杯をひいたフライパンにて強火で1分程、塩コショウを少々でサッと炒めてしまい
皿とかバットとかに移して、後で使いますので待機。

フライパンにサラダ油を大さじ2を入れて煙が出るぐらいまで熱して卵を投入。(最後まで強火ですよ)
卵を入れて即ご飯(冷ご飯でも炊きたてご飯でもOK、今回は冷凍ご飯の半解凍を使用)

ご飯を入れてからはほぐしながら、卵と混ぜながら炒めていきます。
ご飯のダマになっている所をヘラのようなモノで潰しながらやると良いかと思います。
時間にして1分半~2分程炒めた所で
①のチャーシューと②の野菜炒めたものを入れて全体に熱を入れていきます。
この時に塩小さじ1杯 味の素小さじ1杯を入れ炒めていき
全体がパラっとしてきた所でオイスターソースを大さじ1杯~1杯半を投入

そしてオイスターの色見が付いたあたりで半月状に炒めたものを寄せて
フライパン底に日本酒を大さじ1杯と醤油小さじ1杯
それでジュワーっと焦げない内に炒めたご飯達を戻し、全体を炒めていきます。

※これ中華鍋の場合だと鍋肌にサッと焦がし醤油で香ばしさを出す技法です。
家庭用のフライパンなのでこういったやり方で焦がし風味を出します。

 

実はこれらを必死に作る過程で写真を撮るのを怠ってしまい
完成したものしか取れず。
どういう色加減なのか?等が伝わらず、申し訳ございません。

 

 

そして完成したものはこちらです。

 

 

↓↓↓↓↓

 

 

↓↓↓↓↓

 

 

↓↓↓↓↓

 

 

味はオイスターの味が効いていて
なかなか美味しいです。

自家製のチャーシューが甘い醤油感のあるヨシダソースで煮たので
その旨みが出ていて、それもまた美味しさを出してます。
家で作るチャーハンにしてはかなり良い味です。

ただあの塩元素のラーメン屋で食える、そのウマイ炒飯とは
まだまだ遠い・・・。

ラーメン屋ってどうしてるんやろか。。。

 

是非試してみて下さい。

ポチっと応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ くる天 人気ブログランキング クリエイターサイト

関連記事

  1. 安い食材で冷凍チャーハンの極限アレンジ!のつもりが手間だけかかり、二度とやりまへん・・・

  2. 今回は自作焼飯!ちょっと贅沢な牛肉ニンニクチャーハンの巻

  3. 余った焼豚で作る、そして調味料はほぼ塩と少しの醤油のみ。そんな焼豚チャーハンは以外にかなり美味しいの巻

  4. 冷蔵庫の卵とキムチのみで作る、手作りキムチチャーハンに挑戦の巻

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

374人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。