遂に王宮攻めだ!価格だけでなくメニューも強気なチャーハン専門店、新橋のチャーハン王
チャーハンターの美味しい焼飯ブログ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

くる天 人気ブログランキング

今回は遠征というか仕事の都合で東京に来ております。
折角なので東京の焼飯でも食べて帰ろうかと色々と調べていた所
さすが東京、大都市といったものか、色んな店が出るわ出るわ、
どれにするか迷ったものの土地勘が無く、行こうと思ったら電車で1時間等
ちょっと遠いなという場所多く
現在居る品川付近からの近場で1店見つけました。

新橋駅の近くにある「チャーハン王」!!

店名からも分かります通り、チャーハンの専門店のようで
ホームページによると

世の中に存在するチャーハンの多くは、悪い言い方をすれば、『炒めご飯に具材を乗せた丼を混ぜた』だけの品物です。
言い方を変えますと、『具材をおかずに、炒めた米を食べている状態』という事です。

正直、その方が原価も安く調理技術的にも簡単なのです…
(カニとかエビを最後に混ぜるとか乗せるだけなら、誰でもできますし、何か豪華にも見えますから…)

試しに、具が無い部分のお米、食べてみて下さい。美味しくないはずです。
溶き卵と冷や飯で作ったチャーハンなど、具材以外の部分は、「塩コショウごはん」ですから。

チャーハンが嫌いという人に、私は会った事がありません。
それなのに、どこのお店のチャーハンが好き?と言われた時に、特定の店の名前が出てくる人はどれほどいるでしょうか?

ラーメンなら、間違いなく何店舗かの店名は出て来るはずです。
店名が出て来ない理由は簡単で
・・・・ってな感じです。

まぁ兎にも角にも、チャーハンを主役とするお店として磨きをかけているとのこと。
ここまで読んでしまっては行くしかない!!と品川から電車で向かいました。

新橋に着きました。
あまり来る機会も無いので田舎者丸出しで、よくテレビのインタビューで会社員の方に話を聞いたりしているSL車両の写真を1枚。

そのチャーハンのお店は ニュー新橋ビル という駅前ビルの地下にあるよう。

お店は11時からで到着したのは15分前、少し時間があったので地下街をブラブラとしました。

居酒屋等の飲食店が多く、そして1階はチケットショップ
2階あたりはいかにもボッタくり系に近い中国エステが多数ありました。
恐らくサービスアップと共にオプション金額上乗せ対応の・・・

地下に戻りゲームセンター等で時間を潰し、3分前ぐらいに再度お店へ。
店前にて並んでましたら、後ろの階段付近から並んでと言われ
そちらでは既に4人程並んでました。

すごいなチャーハン王・・・。

そして入店し、メニューはチャーハンセットとその他サイドメニューのみ。

とりあえず当然だがチャーハンセットを一択にて。
チャーハンにスープ付いたセット、1000円也。

金額だけみるとチャーハンで1000円!?なかなか強気な価格やなー・・・が心に過ります。

厨房では中華鍋と中華お玉の炒ってる音が響きます。

既に並んでいた4名と既に私の後に6人程が入店してきていました。
凄いな、チャーハン王よ。

さぁ来ました!!

具は卵とカマボコ、そしてネギが一緒に炒めた分が少量と最後の上がけ分とが入ってます。
あとお店が言うにはペースト化した具材が入っているようですが
何の具材かは難しい、HPには野菜10種がと書いてますが、それらと牛肉のペーストなのか??

味は薄めに作られており、そこまでパンチのある感じでは無いです。
ここまでならば1000円高いなーと、そして色々とお店の自信の表れ的な講釈というか家訓のようなものも、なかなか大きく出たなと思う所でしたが・・・

途中で食べ方を変えられる仕組みとなっており
特製の酢醤油とラー油があり、これを途中で入れながら味を変えて愉しんでよと

これをちょろちょろとスプーンに入れ過ぎず調整しつつ食べてみました所、
おっと!!確かに美味いな・・・不思議な味、
これをかけるからこそ元々のチャーハンの味が薄めなのかもしれない。
ただこの特性ダレとピリカラのラー油が合う。

この酢醤油のやり方、今度家焼飯の際にやってみようと思います。

少し割高な価格に感じるのは正直な所ですが、行く価値はありのお店かと思います。
チャーハンを愛す者としては、これ一本でやっているお店、悪くはないですね。

チャーハンパラメーター

店名:チャーハン王 新橋店
住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル B1F
電話: 080-6883-9340
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13143700/

最新の投稿をメールでお知らせ


 


チャーハンターの美味しい焼飯ブログ