冷蔵庫の卵とキムチのみで作る、手作りキムチチャーハンに挑戦の巻

久方ぶりに手作りに挑戦したいと思います。

今回も簡単に手軽に作っていきたいと!

挑戦するのは
キムチ炒飯です!

用意する材料は
冷凍ご飯を茶碗で1杯分ぐらい
(炊き立てでも良いですが、少し冷ましてからでないとペチャっとダマになる可能性あり)
玉子1個・キムチはお好みの量でOK(どのメーカーのものでもOK、今回は和風のキムチが余ってたので、それにしました)

まずはフライパンへサラダ油大さじ1杯少々と胡麻油を小さじ1杯
※やや油が多めのが美味しく仕上がるという事を最近知りました。

そしてしっかりと強火で熱して(少し煙が立つぐらいまで)

そこへ溶いた玉子を投入し、すぐさまご飯を投入

ここで玉子に油を含ませながらご飯と共に拡販しつつ炒めていきます。

そして塩を小さじ1杯、胡椒を少々を加えて炒めていきます。
30秒ほどでOK。

そこへキムチを投入、キムチの汁が旨みになるので
汁もしっかり全体に入れてしまいます。

キムチは冷蔵庫に眠っていた和風キムチを使ってます。
どんなキムチでもOKですが、白菜キムチがチャーハンには良いと思います。
これスーパーで200円ぐらいで激安だったんですよね。
味はまぁまぁそこそこって感じ。

※これは広告です※
お店のチャーハンの味を出すならば
この調味料を使え!!劇的にチャーハンの味が変わるから!
【いの一番】

キムチの汁をご飯全体に絡めて最初から強火のまま
1分程炒めていきます。

ちゃんと汁っぽさを無くすため
米をフライパンで返してパラッと仕上げていくように。

そして皿に盛って、形を整えて完成!!
といた玉子の余りが少しあったので上からかけたので、上部にあるテカテカしているのは玉子です。

キムチの汁で全体に味が染み渡り、熱が入るとより美味しい旨みになるのが
キムチ焼飯の不思議な所。

和風キムチだったのでどんな味になるか不安でしたが
以外にもかなり美味しくできて
極力フライパンを返して水分を飛ばしながら炒めたのですが
全体的にはややしっとり系の私が好きなタイプのチャーハンに仕上がりました。

以前からヘルシーにと油は少なくを徹底していたのですが
やや多めのが玉子や米粒と美味しい。
油と熱で旨みのようなものが閉じこもるといった効果なのか・・・

まぁとにかく大成功でございました。

 

チャーハン作るなら中華鍋にも拘ろう!
お勧めは『山田工業所 鉄製 打出片手中華鍋 30cm』

関連記事

  1. 今回は自作焼飯!ちょっと贅沢な牛肉ニンニクチャーハンの巻

  2. 余った焼豚で作る、そして調味料はほぼ塩と少しの醤油のみ。そんな焼豚チャーハンは以外にかなり美味しいの巻

  3. 安い食材で冷凍チャーハンの極限アレンジ!のつもりが手間だけかかり、二度とやりまへん・・・

  4. オイスターソースをしっかり使い、チャーシューまで自作のオリジナル炒飯は旨みが効いていて、結構美味しかったの巻

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

366人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。