作っている人は似た感じ、でも一緒のようでちょっと違う、新梅田飲食街の「しんきょうパート2」

最近ちょくちょく行っている
新梅田食堂街へまた行ってきました。

お店は以前に紹介した事のある
中華料理のしんきょうパート1
これのパート2というのもありそこへ行ってきたのです。

メニューや価格はまったくほぼ同じ
せっかくなのでパート1と2とではどう違うのか確かめたいと思います。

余談ですが
新京という中華も近くにあり
本店になるのでしょうか、
残念ながらこちらは閉店になっておりました。
張り紙にはパート1、2は引き続き営業と書いてあったので
100%関係あり店ですね

店内はカウンターのみ8席ぐらいの小さなお店です
おっちゃんとおばちゃんの2名で切盛りしているようです。

チャーハンの単品(600円)を注文。

先にスープが出てきて
こちらはパート1と同じ味加減です。

※これは広告です※
お店のチャーハンの味を出すならば
この調味料を使え!!劇的にチャーハンの味が変わるから!
【いの一番】

そしてチャーハンですが
見た目からしてパート1とは違います。
中華お玉で真ん丸仕上げだったのに対して
そのまま盛るスタイル。

炒め時間も長かったように思え
米は固めに仕上がってます。

味は薄めとなり
濃いのが好きな私としては思わずソースを前半から投入してしまいました。

ただ常連らしき方が何人か来ており
「泡の飲物くれるか」
コトっとテーブルに瓶ビールが置かれ
なるほどなーという感じでした。

どちらかといえばパート1のが好きな味でしたが
店の雰囲気も感じつつ
両方愉しまれるのもまた一興です。

年次の輝く、使い込まれた中華鍋やお玉に人生を感じる
やや薄味炒め時間丁寧なお手前。

チャーハンパラメータ

店名:新梅田食堂街 しんきょうパート2
住所:大阪府大阪市北区角田町9-26
電話:06-6312-7040
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27063566/

チャーハン作るなら中華鍋にも拘ろう!
お勧めは『山田工業所 鉄製 打出片手中華鍋 30cm』

関連記事

  1. あの某有名アーティスト好きな店主が作る出汁の効いた焼飯、中崎町の『ラーメンCiel』

  2. 良い意味で色々雑だけど、この味付け良い!と唸る、東通り商店街にある「揚子江ラーメン 名門」

  3. 今度は辛い方を食べるべく、再訪!難波の天天酒家の四川チャーハンの巻

  4. がっつりビッグな大きさのオムライス!炒めた米だけでも非常に美味い、大阪天満宮のともや(元の名前)

  5. ちょっと割高な価格だが、具も多くて味も濃いめで美味しい、中央軒の焼飯と皿うどんの巻

  6. 知ってる人も多いお店だけどもさ・・・ここのオムチャーハンはトロトロのテカテカ、東通りの「まんねん」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

366人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。